猫のいびきとは

猫のいびきとは

いびきをかくのは人間だけではないようですね。

「猫がいびきをかくと健康を害するものなの?年齢や太りすぎなどなにか原因はある?」
「寝ているときのいびきのような鼻音はもちろんのこと、寝てないときでもたまにいびきのようなものをかいているような気がするんだけど、これもいびき?」などなど、猫のいびきについて不安や疑問をお持ちの飼い主さんはいっぱいいると思います。

獣医さんによると、猫がいびきをかいていると感じていて、外に出る猫のうち8〜9割の猫は「猫風邪」というのを慢性的に患っているとのこと。猫も若いうちは症状が出ないので分からないのですが、年齢を重ねていくうちに少しずつ症状が出てくるそうです。そのうえ風邪も治りにくくなってくるそうですから、なおさらいびきのような鼻から音が出るようになるそうです。

あるお家の猫は、8歳前後の頃からなんとなく鼻から音を出すようになったそうです。その後12〜13歳あたりで鼻水を出すようになり、目やにや鼻水で鼻がガビガビになって動けなくなったそうです。その時の症状は脱水症状のようだったらしく、病院で抗生物質と点滴を受け、よくはなったみたいですが、ちょっと「いびき」のようだな?と感じる鼻音がしたら病院に一度連れて行ってみるのもいいかもしれませんね。

また、外に出る猫で他の猫と接触する機会がある猫は「猫風邪」になっている可能性もあります。年齢的に年を取っている猫であるならすぐお医者さんに行って薬をもらってあげてくださいね。
posted by いびきー at 00:00 | いぴきプチ情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。