ミネラルウォーターで気持ちを落ち着けよう

ミネラルウォーターで気持ちを落ち着けよう

一緒の部屋で寝ている家族で、いびきがうるさい人がいると、けっこう大変ですよね。

本人は幸せそうな顔して寝ていますが、周りは本当にいい迷惑です。(笑)

寝れない時は、ミネラルウォーターでも飲んで、気持ちを落ち着けましょう。

ミネラルウォーターといえば、スーパーやドラッグストアなどに行くと、最近はいろいろな種類のものが売られています。

健康志向の高まりもあるんでしょうね。

私は、お気に入りのミネラルウォーター まとめ買いしたりしています。

まとめ買いすると、1本あたりの単価が下がって、お得なんですよねー。

本当は、いびきをかいて寝ている人に、冷水をかけて起こしてやりたい気持ちもあるのですが。。


posted by いびきー at 16:20 | 家庭でいびきを治そう

家庭でいびきを治そう【3】生活習慣を改善

家庭でいびきを治そう【3】生活習慣を改善

「いびき」をいつもかいている場合、または原因が分からずにいびきをかいている場合は「生活習慣の見直し」をやってみてはいかがでしょう?

生活習慣の見直しと言ってもいろいろありますよね。とりあえず以下の事を実行してみましょう。

◆アルコールの過剰摂取を控える。
◆睡眠薬や精神安定剤などの薬の服用を控える。
◆生活を規則的にする。
◆禁煙してみる。

上記のうちでも、「喫煙」というのは上気道の炎症を引き起こす事があり、結果上気道が狭くなりいびきをかきやすくなってしまう可能性があります。


また、ツボ押しも効果があるかもしれません。
いびきの原因というのは様々ありますが、このいびきを解消するために、「上星(じょうせい)」というツボが効果があるといわれています。
このツボは、前頭部の髪の生え際の中央から1センチ上辺りにあります。別名「蓄膿症の特効ツボ」とも言われています。
タバコやお灸などの暖かい刺激を1日20回前後程与えるようにします。そうすることで、鼻の通りがよくなりいびきが解消されるというわけです。
posted by いびきー at 00:00 | 家庭でいびきを治そう

家庭でいびきを治そう【2】ダイエット

家庭でいびきを治そう【2】ダイエット

いびきを防止対策として「肥満解消(ダイエット)」があります。
いびきの原因として「肥満」と言われている場合、「ダイエット」が必要不可欠です。

実際にダイエットをして肥満を解消するだけでいびきが解消されるということも珍しい事ではないようです。
時間はかかるかもしれませんが、いびきが解消されるためにもぜひダイエットをしてがんばりましょう!

肥満解消できる対策をご紹介します。

◆適度な運動
減量するには、適度な運動というのは絶対に欠かせません。食事制限だけで減量しようとするのは、体に負担がかかってしまううえ、リバウンドの可能性も高くなります。
だからといって、過度な運動をすると逆に疲労が溜まってしまい、その疲労がいびきの原因となることがあります。したがって過度な運動ではなく、あくまでも「適度な」運動が大切なのです。

◆食生活の改善
ダイエットをして減量するには食生活の改善も大切です。
以下のようなことが肥満につながる原因となりますので、心当たりがある方はご注意を。

・食事時間が不規則である。
・外食することが多い。
・間食が多い。
・早食いする傾向がある。


また、最近、見た目や体重は標準的であっても、内臓脂肪が多く付いているという方が多いです。そのような場合もいびきの原因となりますので十分注意が必要です。
posted by いびきー at 00:00 | 家庭でいびきを治そう

家庭でいびきを治そう【1】横向きで寝る

家庭でいびきを治そう【1】横向きで寝る

いびきは、本人はもちろん、一緒に寝ている人にとってもかなり迷惑な話です。
いびきは治せるなら治したほうがいいと思いますので、耳鼻咽喉科などの専門医で診てもらったほうがいいとは思いますが、そこまで大げさにしたくないという方は、前段階として家庭内でできる「いびきの治し方」を試してみてください。
実行後およそ1週間ほどでいびきが聞こえなくなったり、口呼吸から鼻呼吸に変わったりしたら、そのいびきは「大丈夫ないびき」と判断してよいと思います。

家庭でのいびきを防止対策のひとつとして、「横向きで寝る」方法があります。
いびきをかいている人のおよそ6割は「仰向け」で寝ているようです。
何故仰向けで寝る人にいびきをかく人が多いか?というと、舌は口から咽頭部まで伸びており、その咽頭の一番奥まで繋がっています。そこで仰向けに寝ると、舌がその重みで咽頭の奥に覆いかぶさるように下がってしまいます。
そうなると、上気道が狭くなりいびきをかきやすくなってしまうという事になるのです。


横向きで寝るためのコツをいくつかご紹介します。

◆枕を低くしてみる
横向きで寝るには高い枕だと難しいですよね。また、高い枕だと自然に仰向けになってしまいますのでいびきをかいてしまいます。枕を低くしてみて横向きで寝やすいようにすることが大切です。

◆枕の片側を高くしてみる
枕の片側に本などを置いて高くすることにより、仰向けに寝るのが難しくなります。その結果自然に横向きで寝やすくなるということになります。

◆抱き枕を利用してみる
抱き枕など足を絡められる物は自然と体制が横向きになるので寝やすくなります。

◆帽子を被って寝てみる
帽子の後頭部のあたりに物を詰めて寝ると、仰向けに寝る事が難しくなり横向きで寝るしかなくなります。

◆背中に物を入れてみる
パジャマなどの背中の中心に物を入れたりするだけで仰向けで寝る事が困難になりますので、自然と横向きで寝る事が多くなります。

このように横向きで寝るための方法というのはいくつかありますが、無理に行う必要はありません。無理に横向きで寝ることで睡眠が不十分になってしまってはかえって逆効果になりますからね。

いろいろ試してみても特に改善されないようでしたら、早めに耳鼻咽喉科などに診せることが大切です。
posted by いびきー at 00:00 | 家庭でいびきを治そう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。