猫のいびきとは

猫のいびきとは

いびきをかくのは人間だけではないようですね。

「猫がいびきをかくと健康を害するものなの?年齢や太りすぎなどなにか原因はある?」
「寝ているときのいびきのような鼻音はもちろんのこと、寝てないときでもたまにいびきのようなものをかいているような気がするんだけど、これもいびき?」などなど、猫のいびきについて不安や疑問をお持ちの飼い主さんはいっぱいいると思います。

獣医さんによると、猫がいびきをかいていると感じていて、外に出る猫のうち8〜9割の猫は「猫風邪」というのを慢性的に患っているとのこと。猫も若いうちは症状が出ないので分からないのですが、年齢を重ねていくうちに少しずつ症状が出てくるそうです。そのうえ風邪も治りにくくなってくるそうですから、なおさらいびきのような鼻から音が出るようになるそうです。

あるお家の猫は、8歳前後の頃からなんとなく鼻から音を出すようになったそうです。その後12〜13歳あたりで鼻水を出すようになり、目やにや鼻水で鼻がガビガビになって動けなくなったそうです。その時の症状は脱水症状のようだったらしく、病院で抗生物質と点滴を受け、よくはなったみたいですが、ちょっと「いびき」のようだな?と感じる鼻音がしたら病院に一度連れて行ってみるのもいいかもしれませんね。

また、外に出る猫で他の猫と接触する機会がある猫は「猫風邪」になっている可能性もあります。年齢的に年を取っている猫であるならすぐお医者さんに行って薬をもらってあげてくださいね。
posted by いびきー at 00:00 | いぴきプチ情報

赤ちゃんのいびきには注意が必要?

赤ちゃんのいびきには注意が必要?

子供のいびきに関して言えば、必要以上に過敏になることはないかと思いますが、赤ちゃんのいびきは別です!赤ちゃんのいびきは子供以上に注意をしなければなりません。
新生児の赤ちゃんがいびきをかいている場合は、先天的な疾患や障害などに繋がる場合が多いので特に注意が必要です。赤ちゃんがいびきをかいていると思ったら専門医にすぐ診せた方がよいでしょう。


赤ちゃん、特に新生児がいびきをかいている場合は、先天的な疾患や障害が原因でおこっている場合がほとんどです。
いびきというのは、のどの構造上の問題でかく場合が多く、睡眠中に下あごが下がって舌が気道を狭めることで起こっています。これは完治しにくいと言われていますが、赤ちゃんの場合は成長によって喉も変わってくるので自然に治る場合があります。

赤ちゃんの喉の位置は大人よりも高く位置づけられています。更に舌が上の方にあるために口からの呼吸がしにくく、鼻呼吸ばかりになりがちです。したがって鼻が詰まったりすると夜鳴きやいびき、不機嫌などの症状を引き起こしてしまいます。

また、別の原因として考えられるとすれば、扁桃腺やアデノイドという咽頭扁桃が肥大している事が揚げられます。この肥大のピークは10歳前後だといわれています。この肥大が収まればいびきも自然と解消されるので、赤ちゃんのいびきの場合で、原因が扁桃腺などの肥大の場合は少し様子を見てもいいかもしれませんね。

更にアレルギー性鼻炎などの鼻の障害も原因として考えられる場合も。鼻呼吸が主の赤ちゃんが鼻づまりになって口呼吸になってしまうと、いびきの原因となってしまいます。放って置くと鼻疾患から呼吸困難を引き起こしてしまう可能性があります。場合によっては命に関わる事になるかもしれませんので専門医に直接診せる事をおすすめします。


ただ、赤ちゃんのいびきに対しても必要以上に過敏になることはありません。赤ちゃんが気持ちよく眠っているのであればあまり心配する必要はないかと思います。横向きにしていびきが直るならそれでもよし!しかし、喉仏のあたりがへこんでいるようなら要注意!酸欠気味なのかもしれません。放って置くと障害を引き起こす可能性もあります。
用心に用心を重ねたほうがいいと思いますので、少しでもおかしいと感じたらすぐ耳鼻咽喉科などの専門医に診せたほうがいいと思います
posted by いびきー at 00:00 | いぴきプチ情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。